■プロフィール

こまさん

Author:こまさん
酒屋の3代目。3年間の問屋修行を経て家業を継ぐ。問屋修行時代、「梅錦酒一筋」を飲み吟醸酒に感動を覚え、日本酒復興に力を注いでいます。
利き酒師の松田が、こだわりのお酒・食品を紹介します。
店主 松田英幹
URL http://www.matsudasaketen.co.jp

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ワイン産地をめぐるチリ・ヴァーチャル旅行
エール 001
今週水曜日、ビストロエールでチリワイン会開催しました。

インポーターのモトックスのHさんが、昨秋チリのワイナリー訪問したとのことで、
その報告会とあいなりました。

エール 002エール 003

訪問したワイナリーの写真を見ながら、チリ・ヴァーチャル旅行を楽しみました。
FTA(自由貿易協定)により、チリワインの輸入に関税がかからないそうです。
しかもチリの物価は日本より安いので、日本人は安い価格でチリワインを購入することができます。
1000円以下でもおいしいワインたくさんあります。
今年はチリワインに注目しましょう。




イベント | 21:10:23 | コメント(0)
第3回 全国旬の酒巡り
昨日、第3回全国旬の酒巡りをオークラホテル丸亀で開催いたしました。

日本名門酒会香川有志の会(仮称)5軒の酒販店主催の今年の集大成会でした。

目標集客170名のところ178名の日本酒愛好家が集いました。

本当に多数参加いただきありがとうございました。

今回の会は特別な思いで、皆様をお迎えいたしました。いうまでもなく、東日本大震災が

あったからです。東北から5つの蔵元(新政・一ノ蔵・浦霞・大山・大七)が参加してくれました。

この困難を乗り越えて参加いただき本当にご苦労様でした。お客様も風評被害もなく

純粋にお酒に相対していただき、蔵元も喜んでいました。

参加いただいた皆様、今日の銘酒に出会った感動をどうかご家族、お友達にお話ください。

それだけで、日本酒は復興します。日本酒が復興すれば、日本は復興します。

私たちは、真剣に日本酒で日本は復興できると信じています。

本当にありがとうございました。

マスカラ 001
グレイスワインの小森さん、こちらの要望に応えていただき、チャップリンの仮装です。そっくりでしょ!
マスカラ 002マスカラ 003マスカラ 005マスカラ 004
マスカラ 006マスカラ 007マスカラ 009マスカラ 012

マスカラ 015マスカラ 013









イベント | 19:40:12 | コメント(2)
歯科医師会例会
2011年10月日(水)千代の亀の会 0012011年10月日(水)千代の亀の会 003
歯科医師会でお酒の会の依頼がありまして、亀岡酒造・横田さんと企画いたしました。

歯医者先生10人の参加で7000円の会費で開催しました。

中に、大変日本酒好きの先生にめぐり逢いまして、有意義な会でした。
M先生、沢山ご購入頂き、ありがとうございました。

2011年10月日(水)千代の亀の会 004

毎回、日本酒を通じてたくさんの見知らぬ方とお友達になれて、

感謝されて・・・酒屋冥利につきますね!



イベント | 17:56:37 | コメント(0)
幻のウイスキーを飲む会
100 004
年に数回のサイレンスバーでの、幻のウイスキーを飲む会に参加してきました。

今回のウイスキーのラインアップです。

エアシャー1973、グレンリベット1970、キャメロンブリッジ32年、ポ-トシャロット2001
アードベック1999、アムルットピーティッドカスクストレングス、グラッパ、ラフロイグ14年

今日一番のお目当ては「エアシャー1973」

1966年から1975年までつくられた、幻のシングルモルト!!

稼動は1966年~75年のわずか9年間と最も短命に終わった蒸溜所で、
市場に流通したボトルも、極僅かであります。

口に含むと、とろけるようなしっかりとした印象があった。
厚みがしっかりあり、ストレートな旨みが感じられ、アルコール感があまり感じないので、
グイグイと飲めてしまいそう。これこそ、幻のウイスキーです!

100 005
店の外に出ると、夕日をバックにおっちゃん達が・・・絵になりますね~

イベント | 18:21:17 | コメント(1)
初呑み切り
昨日は、嘉美心酒造での初呑み切りのイベントに参加してきました。
画像 040


初呑切りとは: 貯蔵しているタンクの呑口(のみくち)から、お酒を出して香味の変化をチェックしたり、変質・腐敗を発見したり、お酒の熟成度合いや出来具合をチェックするために行う儀式のことを言います。6~8月頃に初めて行う呑切りのことを、初呑切りと言います。初呑切りは、酒蔵にとって一大行事と言えます。
今回は、酒屋40人ぐらいが参加しまして、5つのタンクから選び(投票)、七夕酒として販売しようという試みです。

画像 042藤井社長
画像 043杜氏


まずは、第1次選酒会では、A~Eの5つのタンクから2つ選びます。
A:吟醸香よくバランスのよい。杜氏が1番いいとの意見。
B:熟したかおり。苦味つよい。
C:純米らしくしっかりこくのある、旨味あるももひとつ特徴なし。
D:苦味あり。燗向きのさけ。
E:のみあきしない。パイナップルフレーバー、フルーツ香あるこまさん1番おすすめ。
画像 044画像 046

こまさんはE◎、A○

画像 050


みんなの投票結果はやはりAとEが決勝に残りました。
利き酒後は、みんなでお酒についてのディスカッション、
それぞれ感じ方が違っておもしろかったです。

そして決勝はAとEどちらか、再度利き酒しての投票です。

そして選ばれたのはEのタンク

こまさんも投票したタンクでした。
お客様の顔を浮かべながら吟味いたしました。
ぜひ、ご賞味いただきたい酒です。
選んだタンクの前で記念撮影。
101.jpg
発売は、7月上旬。
期待してください。ぜったいうまい。


イベント | 18:41:03 | コメント(2)
前のページ 次のページ
ウィジェット ブログパーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。