■プロフィール

こまさん

Author:こまさん
酒屋の3代目。3年間の問屋修行を経て家業を継ぐ。問屋修行時代、「梅錦酒一筋」を飲み吟醸酒に感動を覚え、日本酒復興に力を注いでいます。
利き酒師の松田が、こだわりのお酒・食品を紹介します。
店主 松田英幹
URL http://www.matsudasaketen.co.jp

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
旬の野菜
昨日のブログの続きです。
なぜ、季節の野菜を食べなければ、いけないか考えたことがありますか。

日本には、春夏秋冬という四季があります。そして、それぞれの季節にできる、いわゆる旬の食材を食べることには意味があります。
 
 春は、冬の冬眠から覚めて、生命を育むものを食べます。たとえば、春の七草、たけのこ、新芽などです。
 夏は、気候が暑いので身体を冷やすものを食べます。きゅうり、トマト、茄子、ウリなどです。
 秋は、冬に向けて、生命を養うものを食べます。米、粟、種などです。
 冬は、寒いので、身体を温めるものを食べます。根のもの、大根、ごぼう、乾燥もの(干物)などです。
 
夏に気をつけなければならないのは、真夏に、海水浴に出かけて大汗をかきながらスイカを食べるのはいいのですが、クーラーをかけた涼しい部屋でスイカを食べるとおなかを壊したり、水膨れになりますので、気をつけましょう。

 いわゆる「旬の野菜」にはこうした季節に応じた性格をもっています。これが日本の四季にあっているわけです。旬の野菜を食べることにはちゃんと意味があるのです。旬を無視して食べてはいけないのです。

夏野菜(7月に取れる野菜)を列挙しときます。夏には夏の野菜を食べましょう。

南瓜(かぼちゃ) とまと 茄子(なす)
とうがん きゅうり ゴーヤ(にがうり)
とうもろこし みょうが にんにく
枝豆 ししとう いんげん
オクラ 大葉(おおば) ぴーまん
もろへいや ズッキーニ つるむらさき


夏の野菜は、ほてった体を冷やす作用や、夏ばてに負けないよう、スタミナがつくよう調整してくれます。暑さで奪われやすいビタミンCも豊富です。

これから、夏本番になります。旬の食材を食べて、身体に留意しましょう。
スポンサーサイト


健康 | 14:26:01 | コメント(1)
コメント
ホント、その通りですね。
2008-07-10 木 08:19:21 | URL | A姫 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ウィジェット ブログパーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。