■プロフィール

こまさん

Author:こまさん
酒屋の3代目。3年間の問屋修行を経て家業を継ぐ。問屋修行時代、「梅錦酒一筋」を飲み吟醸酒に感動を覚え、日本酒復興に力を注いでいます。
利き酒師の松田が、こだわりのお酒・食品を紹介します。
店主 松田英幹
URL http://www.matsudasaketen.co.jp

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
母の命日
3月15日は母の28回目の命日です。

28年前の今日、交通事故で47歳の若さで亡くなりました。

今日はそのときの不思議な体験を書こうと思います。

28年前の昨日、実家の新築祝いで、大阪にいたこまさんは前日帰郷して

父母の知り合い、近所の方を招いて新築披露の宴を催しました。

その日の晩、大阪に戻るとき、母からこづかいとうどんを土産にもらい、

自分のアパートに帰りました。

(葬儀が終わってアパートに帰り冷蔵庫から黄色くなったうどんを見て

涙流しました。)

そして、翌日出社していつものように得意先に御用聞きの電話するのですが、

何回電話をしても実家のダイヤルを回す自分に気がつきました。

「なんで、家に電話するんやろ?おかしいなあ?」とおもっていたところ

何回かダイヤルして切った後、となりの席から「松田~、実家から電話や~」と

それは、父からの電話でした。

父「かあちゃん、死んだぞ」 こまさん「~えっ!うっそ!事故か?」

そこで、ぷつっと切れました。

そのあとの話は昨年のブログをご覧になってください。

虫の知らせって本当にあるのですね。

今日1日、亡き母のことを想い、供養したいと思います。
スポンサーサイト


日常の出来事 | 13:18:26 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ウィジェット ブログパーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。