■プロフィール

こまさん

Author:こまさん
酒屋の3代目。3年間の問屋修行を経て家業を継ぐ。問屋修行時代、「梅錦酒一筋」を飲み吟醸酒に感動を覚え、日本酒復興に力を注いでいます。
利き酒師の松田が、こだわりのお酒・食品を紹介します。
店主 松田英幹
URL http://www.matsudasaketen.co.jp

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ビールを10倍おいしく堪能する超ウラワザ②
ビールを10倍おいしく堪能する超ウラワザ!第2回目です。


●ビヤホールの味を家庭で体験できる超ウラワザ!!
みなさん、ビヤーホールなどで飲むビールの味と、家庭で飲むビールの味の違いに気付かれた方はいないだろうか? 中身はほぼ同じなのに、どうしてこうも味が違うの?という質問をよく受ける。それは、注ぎ方、つまりは、泡の立て方にあるのだ。どうしても喉が渇いてたまらない時などは、冷蔵庫から缶ビールを出して、そのままグイッとやるのが、普通だろうが、しっかり味覚を味わいたい場合は、きちんとグラスに注いで、きれいな泡を立たせ、泡と一緒にビールを飲むことで、家庭で飲むビールが、ビヤホールの味に変身するのだ。その注ぎ方の秘訣とは?・・・・・

①まず、グラスは手に持たず、テーブルの上に置く。グラスを斜めにする人がいるが、あれはビールをまずくするだけ。グラスの底をめがけて勢いよく、注ぐぎ、十分泡を立てる。あっという間にビールはグラスの8割くらいになるが、この時点では、ビールと泡は4:1という具合。
これが1番理想。そのままひと息置いておく。

②待つことしばし。やがて泡が落ち着き、ビールの水面がグラスの半分くらいまで上がってきたら、泡を持ち上げるような気持ちで、今度は静かにビールを注ぐ。注ぎ口をグラスの縁に当て、グラスの内側からすべらせるように注ぐのがコツだ。こうすることによって、最初にできた泡の下側に新たな泡が加わって、次第に泡は、きめ細かく、しかも濃厚になっていくのだ。

③泡がグラスの縁まできたら、いったん注ぐのをやめ、様子を見る。そして、盛り上がった泡が崩れそうになる瞬間までビールを少しづつ注げば完成である。





スポンサーサイト


お酒をおいしく飲む裏ワザ・隠しワザ | 20:12:19 | コメント(2)
コメント
勉強になります
こまさんひとがかわったように学術的になりますね。
いつもと言い回しも違いますね。さすがお酒のことを論じる時には良い様に豹変する。いやお酒だけに虎変するんですね。v-275
2008-07-03 木 20:38:45 | URL | 麺法師 [編集]
勉強になります!
普段、家では一滴も飲まない私ですが、今宵は、一本買ってきて、グラスに注いで、グィッと飲んでみたい気持ちになりました(^O^)
2008-07-04 金 14:47:58 | URL | A姫 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ウィジェット ブログパーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。