■プロフィール

こまさん

Author:こまさん
酒屋の3代目。3年間の問屋修行を経て家業を継ぐ。問屋修行時代、「梅錦酒一筋」を飲み吟醸酒に感動を覚え、日本酒復興に力を注いでいます。
利き酒師の松田が、こだわりのお酒・食品を紹介します。
店主 松田英幹
URL http://www.matsudasaketen.co.jp

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
当店取り扱いワインメーカー・ルイ・ジャド社より2009年10月5日現在のボージョレ・プリムールの
最新レポートが届きましたので、ご案内申し上げます。

ボージョレ・ヴィラージュ・プリムール2009年
(末尾に「9」が付く素晴らしいヴィンテージの一つ)


ワイン栽培者にとっても夢のような理想的気候
Ø 冬は雪が降り寒かった。
Ø 好天で暖かい、降水量の多い春でした。5月は例外的に暖かく(50年来で最も暖かく)、
気温もここ10年間の平均より3度高かった。(17.6度対14.8度)
Ø 夏は暑く好天が続きました。
Ø 8月は乾燥し好天に恵まれた。8月下旬ににわか雨が降ったためタンニンの形成が穏やかに進んだ。

収量は少ないが素晴らしい品質
Ø ブドウの房は小さく、粒は皮が厚く、鮮やかで濃い色をしている。収量は少なかった。
Ø ブドウは、健全で完璧な状態でした。
Ø 収穫時期の気候は天候に恵まれ理想的であった。
8月後半の2週間に起こった熱波も収穫時にはなかった。
Ø 収穫は、8月27日に始まりました。(2005年は9月5日、2003年9月10日でした。)
過去「9」で終わる年は、興味深い年でした。
1999年9月7日
1989年9月4日
1979年9月20日
1969年9月30日
1959年9月9日
1949年9月12日
Ø 以上から、例年より10-20%収量は少ないが高品質で並外れて素晴らしいワインになると予想しています。

ルイ・ジャド創立150周年を祝う素晴らしいヴィンテージ
ワインは素晴らしい仕上がりが期待できる、美しい、深く濃い色をしています。
フルーツと花の香りが絶妙に合わさった、愛らしい香りが感じられます。
味わいは活き活きとした中にもよく熟した果実味が感じられ、口中に広がります。
ワインは非常にアロマティックで、フレッシュなフルーツの味わいと、とても柔らかく心地良いタンニンが感じられます。
2009年は、2005年によく似ていますが、より穏やかでよりエレガントな素晴らしいヴィンテージといえます。
誰もが記憶にとどめる歴史的なヴィンテージとなることは間違いないでしょう。

clip_image005.jpg
 750ml 3,500円

今年の、ヌーヴォは期待持てますね
スポンサーサイト


ワイン | 13:59:24 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ウィジェット ブログパーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。