■プロフィール

こまさん

Author:こまさん
酒屋の3代目。3年間の問屋修行を経て家業を継ぐ。問屋修行時代、「梅錦酒一筋」を飲み吟醸酒に感動を覚え、日本酒復興に力を注いでいます。
利き酒師の松田が、こだわりのお酒・食品を紹介します。
店主 松田英幹
URL http://www.matsudasaketen.co.jp

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
長い一日、立春
徳島県鳴門市の鳴門鯛の本家松浦酒造にいってきました。朝5時半集合ということで、朝4時に丸亀の自宅を出発。坂出ICから乗り、まだ暗い高松自動車道をひたすら走る。板野ICを降りて5分ほど走ると、何か右前方に人影が・・・
本家松浦酒造の社員の方がお迎えです。まだ暗いうちから、徳島のお酒屋さんが何人か集まり活気にあふれています。まずは、蔵元からのあいさつと本日のスケジュールの説明が終わり、夜を徹して搾られたお酒のラベル張りにかかります。ひと段落終わったあと、お待ちかねの蔵元の愛情こもった朝食をみんなでいただく。それがおわると、車にお酒を積み込み「阿波神社」へ向かう。阿波神社で、神主さんに、買っていただいたお客様を思いすべてのお酒からトラックまで今年一年のご多幸を祈願してお祓いを受ける。そして神社を出発して帰路に。。。無事帰ってきました。
それから、配達におおわらわ
配達が終わったのは、21時でした。
気がついたら、お昼抜きでした。
たくさんのご注文ありがとうございました。また来年もよろしくお願いします。

DSC02772.jpg


DSC02751.jpg

スポンサーサイト


日常の出来事 | 21:08:18 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ウィジェット ブログパーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。