■プロフィール

こまさん

Author:こまさん
酒屋の3代目。3年間の問屋修行を経て家業を継ぐ。問屋修行時代、「梅錦酒一筋」を飲み吟醸酒に感動を覚え、日本酒復興に力を注いでいます。
利き酒師の松田が、こだわりのお酒・食品を紹介します。
店主 松田英幹
URL http://www.matsudasaketen.co.jp

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ボージョレヌーヴォ解禁前日
フランス食品振興会(SOPEXA)から、メールが届いています。

ボージョレー・ヌーヴォー解禁日に向けてのご注意
----------------------------------------------------------------------
本年も間もなくボージョレー・ヌーヴォーの解禁日を迎えます。
ボージョレー・ヌーヴォーが、ワインでは比類なき大規模な市場に成長し、定
着したのは、日本とフランス両国の関係者の信義に基づき、これまで解禁日が
守られてきたからにほかなりません。
そのために、日本の輸入業者の方からは解禁日を遵守する旨の誓約書の提出を
お願いし、フランスの輸出業者は販売・消費期限厳守のステッカーを表書きす
るなどして、販売・消費期限厳守に取り組んできております。
しかし残念ながら、ここ数年、一部の酒販店や飲食店で解禁前に消費・販売さ
れているとの情報や状況を当委員会として把握し非常に憂慮致しております。
この「フライング」は、1967年に制定された政令に反するものであり、ごく一
部の店舗等の無責任な行動により、自らの、そして業界全体の破綻を招きかね
ません。このような政令違反が繰り返されるようであれば、ボージョレーワイ
ン委員会と致しましても、日本市場向けに実施している優遇措置の見直しを含
めて検討する必要があると考えております。
日本の消費者の皆様が快く今年のボージョレー・ヌーヴォーを世界中の消費者
と同時に祝せるよう、また、業界の更なる発展の為、解禁日の厳守に対しまし
て輸入業者の皆様は勿論、小売店、飲食店の皆様に至るまで今一度ご理解とご
協力をお願いいたします。(ボージョレーワイン委員会)


こまさんのお店にも明日解禁のボージョレヌーヴォが届いています。

それを見たお客様、料飲店から「今日分けてほしい、他の酒屋では分けてくれる」と

いったことが毎年起こります。解禁日に全世界一斉に飲むというお祭りなんだから、

みんながルールを守ってこのお祭りを大事にしていきたいもんです。

明日は、「ヌーヴォとボサノバを楽しむ会」をこまさんのお店で開催します。

参加者は遅刻しないよう・・・7時半開演です。



スポンサーサイト


ワイン | 18:30:53 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ウィジェット ブログパーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。