■プロフィール

こまさん

Author:こまさん
酒屋の3代目。3年間の問屋修行を経て家業を継ぐ。問屋修行時代、「梅錦酒一筋」を飲み吟醸酒に感動を覚え、日本酒復興に力を注いでいます。
利き酒師の松田が、こだわりのお酒・食品を紹介します。
店主 松田英幹
URL http://www.matsudasaketen.co.jp

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ボージョレヌーヴォ解禁まであと9日
フランス食品振興会からボージョレヌーヴォニュースが届きました。

ボージョレー・ヌーヴォー 2008 ニュース
L’actualite du beaujolais nouveau 2008
----------------------------------------------------------------------
2008年のヴィンテージはとにかく繊細で、果実味豊か。ガメイ・ノワール・ア
・ジュ・ブラン種に典型的な小さな赤い果実のアロマに、桃やアンズのニュア
ンスも伴う。08年のボージョレー・ヌーヴォーを一言で表現すると、「フルー
ツ、フルーツ、フルーツ・・・」となろう。収穫期は太陽に包み込まれ、収穫
が続いた3週間、一滴も雨は降らなかった。醗酵槽の中の08年のワインは、ア
ロマが豊かで、美味しい。開放的だが攻撃的ではなく、味わい深いが、重すぎ
ない。タンニンは滑らかで、美しい緋色のワインには、絹のようなストラクチ
ュアが感じられる。全体的に、フィネス(繊細さ)がよく表れている。

2001年以来ボージョレー・ヌーヴォーの最大の輸入国である日本では、08年ヴ
ィンテージが、注目の演出とともに登場する。東京・六本木で、解禁日前夜の
11月19日から大型ヴィジョンでカウントダウンを行い、0時を迎えるとともに、
東京の600以上のバーやレストランで08年初めてのボージョレー・ヌーヴォー
を味わう。またベン・ヴォーチェがデザインしたキャンペーンポスターは、
11月23日まで、東京と大阪の地下鉄車内に掲示される。
(11/4付、Inter Beaujolais プレスリリースより)

解禁まで後9日、人気ヌーヴォあとわずかです。お早めにご予約ください!
スポンサーサイト


ワイン | 16:42:30 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ウィジェット ブログパーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。