■プロフィール

こまさん

Author:こまさん
酒屋の3代目。3年間の問屋修行を経て家業を継ぐ。問屋修行時代、「梅錦酒一筋」を飲み吟醸酒に感動を覚え、日本酒復興に力を注いでいます。
利き酒師の松田が、こだわりのお酒・食品を紹介します。
店主 松田英幹
URL http://www.matsudasaketen.co.jp

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
日本酒の健康効果第2回
昨日のブログのつづきです。

よくお医者さんが「糖尿病になったら、焼酎はいいが、日本酒はダメ」というのは間違いです。

糖尿病という病気は、血液中の糖分をエネルギーに変える働きをするインスリンという
ホルモンが不足するために、摂取した糖分が有効に利用されずに血液中に増えてしまう
病気です。遺伝のほかに、食べ過ぎや運動不足による肥満、ストレスがきっかけとなって
発病し、放置すると恐ろしい合併症が出現します。日本では最近患者数が急激に増加して
おり、特に四十歳以上の人は精密検査で一割程度見つかります。ところで、糖尿病には
日本酒の糖分がよくないとか、日本酒はカロリーが高いから、などという人がいますが、
日本酒と糖尿病には直接的な関係はありません。アルコールはlgにつき7キロカロリーあり、
これはどんなお酒でも同じで、摂取カロリーは飲んだお酒に含まれるアルコールの量に比例
します。糖尿病の予防には、なによりも、一日に取る食べ物その他の総摂取カロリーの抑制
と適度な運動が必要です。それらに注意し、おいしいお酒を楽しみましょう。

岡部正さん
1953年、東京都出身 医学博士
亀田総合病院副院長 岡部クリニック院長
日本内科学会評議員
日本糖尿病学会認定指導医  

お医者さんも、少しは日本酒のこと研究して患者さんに接していただきたいと

切に思います。
     
スポンサーサイト


健康 | 19:36:39 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ウィジェット ブログパーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。