■プロフィール

こまさん

Author:こまさん
酒屋の3代目。3年間の問屋修行を経て家業を継ぐ。問屋修行時代、「梅錦酒一筋」を飲み吟醸酒に感動を覚え、日本酒復興に力を注いでいます。
利き酒師の松田が、こだわりのお酒・食品を紹介します。
店主 松田英幹
URL http://www.matsudasaketen.co.jp

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
焼酎は夏が季語
みなさん、焼酎が夏の季語ってご存知でしたか?

『日本のように四季がはっきりしていると、冬には温かい日本酒、夏には麦酒といった具合に、季節毎に好まれるお酒にも特徴があるのが通例でした。

その考え方でいくと焼酎はいつの季節の酒だと思いますか。俳句の世界では意外なことに夏の季語になっています。はっきりとした理由はわからないのですが、1713年に出版された江戸時代の百科事典『和漢三才図会』によると「気味はなはだ辛烈にして、疲れを消し、積聚を抑へて、よく湿を防ぐ」と書かれています。要するに夏の暑さに疲れた身体に活を入れ、精力をよみがえらせる酒と位置づけられていたのでしょう。

暑いときに熱いお茶を飲むと気持ちが落ち着くのと同様に、焼酎の強い酔いが暑さを忘れさせたり、胃を刺激して食欲を増伸させてくれるのも事実です。

しかしもうひとつ理由がありそうな気がします。江戸時代であれば、焼酎は日本酒に比べると滅多に口にできない珍重すべきお酒でした。造られるのも田植え後のさなぶりの頃が主流。つまり、初夏のお祭りのときに登場するお酒だったのではないでしょうか。冷暖房完備の都会で生活していると年々季節感は薄らいでいきますが、週末には江戸の町民に思いをはせながら本格焼酎で夕涼みとしゃれてみるのも乙なことです。


酒文化研究所 狩野卓也(日刊ゲンダイ 5/20掲載)』

ということで、今日は焼酎の紹介です。
4年ほど前に訪問した高田酒造場の焼酎です。

あさぎりの花
 
DSC01717.jpg

ナデシコの花酵母を使用。花言葉は「いつも愛して。永遠の愛情」。吟醸の香りがさわやか。平成15年のあさぎり町の誕生で発売。減圧蒸留。25度。

口に含むと、まるで日本酒の吟醸酒を思わせるフルーティな女性が好む焼酎です。ロックがおいしいですね。暑い夏にぴったりです。

720ml 1,470円
1.8L 2,800円


スポンサーサイト


焼酎 | 11:57:07 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ウィジェット ブログパーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。