■プロフィール

こまさん

Author:こまさん
酒屋の3代目。3年間の問屋修行を経て家業を継ぐ。問屋修行時代、「梅錦酒一筋」を飲み吟醸酒に感動を覚え、日本酒復興に力を注いでいます。
利き酒師の松田が、こだわりのお酒・食品を紹介します。
店主 松田英幹
URL http://www.matsudasaketen.co.jp

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
稲刈り
10月7日(日)は、日本名門酒会(http://www.meimonshu.jp/)と土佐学協会(http://tosagaku.cocolog-nifty.com/report/)のコラボレーション企画、5年目の第2弾で、純米酒「日土人(ひとびと)」になる永田農法「山田錦」の稲刈り体験と交流会が、四万十町にて開催されました。
このイベントは、日本名門酒会として四国地区加盟店のオリジナル活動5年目の第2弾です。

 つまり、米づくりから酒づくり、製品化、流通、販売、楽しむ会にいたるまで、1年かけて体験し、オリジナル銘柄「日土人(ひとびと)」を世に送り出すという全国でもまず前例のない、ワクワクするような取り組みです!
2012稲刈り 0012012稲刈り 003
2012稲刈り 005まずは、司牡丹・竹村社長のご挨拶、そして名門酒会本部・岩本さん、農家さんのご挨拶で始まりました。
2012稲刈り 0062012稲刈り 007
2012稲刈り 0082012稲刈り 009
今年の山田錦の出来はいいそうです。
今年は150人の参加で稲刈りスタートです。
2012稲刈り 0112012稲刈り 012
2012稲刈り 0132012稲刈り 015
150人もの大人数でしたので、1時間半ほどで稲刈終了です。
2012稲刈り 0182012稲刈り 017
2012稲刈り 0242012稲刈り 016
みなさん、すばらしい笑顔です
稲刈りの後は、恒例の大BQ大会です。
2012稲刈り 0272012稲刈り 029

ブランド豚の【窪川ポーク
ブランド卵の【コロンブスの茶卵
野菜は【永田農法で育てた野菜
お酒はもちろん【土佐の銘酒・司牡丹

そして、極めつけはまたまた運動会が始まりました。
今回は丸太きりです。
2012稲刈り 0332012稲刈り 038
2012稲刈り 0422012稲刈り 044
すばらしい青空、自然の中での稲刈り、BQ大会、大運動会でした。
農家、蔵元、酒屋、お客様すべてが一体となっての酒造り、酒屋やっててよかったと思える1日でした。
参加いただいた皆さんに感謝感謝です。
次は、全国銘酒めぐりです。また、この感激を皆さんと共有したいです。
2012稲刈り 046











 


スポンサーサイト
日常の出来事 | 15:46:40 | コメント(0)
白州蒸留所
白州 018白州 016
蒸留所の中に入ると、発酵槽と言われる大きな桶のなかに、麦汁と酵母を混ぜて発酵していました。
そしてもろ味が出来ます。
もろみはポットスチルと呼ばれる蒸溜釜で2回蒸溜されます。ウイスキーにとって蒸溜は最も重要な工程の一つです。ポットスチルの微妙な形の違いでウイスキーの味わいが変わります。。白州には様々な形のポットスチルがあり、これは本場のスコットランドなどでも見られない特徴だそうです。
約1,200℃の直火蒸溜によって香味成分をつくり出すそうです。

これまでの仕込みから蒸溜の行程を通して、ウィスキーの元「モルト原酒」が生まれます。

白州 019白州 020

白州 022白州 028
白州 029白州 030
貯蔵庫に入ると、圧巻です。ウイスキーの香りが充満している。この中に数分いると子供やアルコールの弱い人は
酔っ払ってしまうそうです。熟成中、ウイスキーは揮発して徐々に量が減っていくそうです。1年で1割、5年で半分、15年で3分の1にまで減ってしまうらしい。減った分のウイスキーを天使の分け前といい、素晴らしいウイスキーを作ってくれた自然におすそ分けをしています。

白州 038

住所 〒408-0316 山梨県北杜市白州町鳥原2913-1

休業日 年末年始・工場休業日(臨時休業あり)

JR中央本線「小淵沢駅」よりタクシーで約10分。



日常の出来事 | 21:48:13 | コメント(0)
サントリー白州蒸留所
10月1日(月)サントリー白州蒸留所行ってきました。前日台風17号の接近で行けるかどうか心配していましたが、1日違いで何とか行けてよかったです。朝7時45分の高松初の飛行機で出発。午後1時蒸留所到着。台風一過の加減か非常に暑く、標高700mlということでしたので、もっと涼しいのかと思いましたが、ちょっとがっかりでした。
白州 003白州 005
白州 006白州 004
セミナー室に入るとスクリーンに
白州 008
感激です。
そしてセミナーの開始です。
白州 009
1923年の山崎蒸溜所の建設着手から50周年を迎えた1973年、山崎蒸溜所とはタイプの異なる新たな原酒を求めて開設されたサントリー第2の蒸溜所、それが白州蒸溜所です。周囲約82万平方メートル※の森を確保し、野鳥の聖域、バードサンクチュアリの設置による愛鳥保護活動や森林保護に努めるなど、蒸溜所開設以来、雄峰・甲斐駒ケ岳の麓に広がる豊かな大自然と共生しながら、世界でも珍しい高地に位置する「森の蒸溜所」として多彩な原酒をつくり分けてきました。そして、シングルモルト“白州”をはじめ、世界に誇る高い品質のウイスキーを生み出すなど、日本のウイスキーの歴史にいま新しい足跡を刻んでいます。【サントリーHPより】

昨年山崎蒸留所に行きましたが、山崎も広いなあと感じましたが、白州蒸溜所はなんと東京ドームのグラウンド64個分の広さ。そして、大人から子供までたくさんの人が見学に来ていました。連休になるとすごい数の人が来るそうです。




日常の出来事 | 21:32:03 | コメント(0)
ウィジェット ブログパーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。