■プロフィール

こまさん

Author:こまさん
酒屋の3代目。3年間の問屋修行を経て家業を継ぐ。問屋修行時代、「梅錦酒一筋」を飲み吟醸酒に感動を覚え、日本酒復興に力を注いでいます。
利き酒師の松田が、こだわりのお酒・食品を紹介します。
店主 松田英幹
URL http://www.matsudasaketen.co.jp

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ダビングサービス
Image2851.jpg

当店では、ダビングサービスを行っています。

お持ちのVHSやHi-8などの各種ビデオを長期保存可能でコンパクトなDVDに変換します。

これからのシーズン(卒業式・入学式・旅行)や、昔撮った思い出の数々を長期保存可能な

DVDにコピーしませんか。

VHS→DVD 30分以内 1,050円 以降10分毎 105円



スポンサーサイト
日常の出来事 | 18:43:22 | コメント(0)
こんぴら街道・てくてくさぬき
町歩き2

香川県の情報誌「てくてく通信」に中讃地区の町歩きの情報が掲載されています。

当店が選ばれているコースが一番人気らしく、大きく取り上げられています=*^-^*=

町歩き1

当店では、梅のスーパーエキスを飲んで、疲れをとっていただいています(o^∇^o)ノ

人気のコースなので、お早目の予約を!



イベント | 17:46:48 | コメント(0)
連日のお酒の会
3月11日の次の日12日(木)にもお酒の会開催いたします。

遠く宮城から、一ノ蔵酒造の蔵元がきてくれるということで、

11、12日と場所を変えて蔵元を囲む会を開催いたします。

12日は、男性も参加OKですので、ふるってご参加ください。

一ノ蔵のお酒と創作フレンチのマリアージュをお楽しみください。

日時 3月12日(木)19:00~21:00

場所 Cafe&Foods Bar サラ
      宇多津町浜4番町45-17
       ℡0877-49-6384

会費 5,000円
      


お知らせ | 16:53:24 | コメント(0)
雨の登山
Image2771.jpg

小雨交じりの中、雨降りの初飯野山初登山に行ってきました。

麺法師さんに誘われ4人グループで、直登りコースに初チャレンジでした。

雨の登山もいいですね~

霧がかかっていて、幻想的で別世界にいるような雰囲気で童心にかえって楽しむことができました(・ω・)

麺法師さん、おかげでリフレッシュできました。ありがとうございました<(_ _*)>

日常の出来事 | 16:32:15 | コメント(0)
女性だけのお酒の会
来月、女性だけのお酒の会開催します。

宮城の一ノ蔵の蔵元をお招きして、女性向けのお酒を用意しまして

盛り上がろうかと思います。

人気の「すず音」はもちろん当日の隠し酒もご用意しております。

定員は、20名ですのでお早目のご予約お待ちしております。

日時 3月11日(水)午後7時~9時

場所 カフェステーション
     丸亀市新町6-3-50
     電話0877-21-2456

会費 4,000円

ご予約は 当店まで、お願いします。

お知らせ | 13:10:14 | コメント(0)
大吟醸酒粕
DSC02949.jpgDSC02950.jpg

中尾醸造の大吟醸酒粕です。

精米歩合45%の大吟醸酒粕。これで作る粕汁は、もう最高!

500g 525円

残りあとわずか。お早めに!


日常の出来事 | 13:21:48 | コメント(0)
限定ビール
DSC02948.jpg

毎年ビールマニアをうななせる、オゼノユクドケ渾身のプレミアムビールが入荷しました。

年に1度限りの仕込みの限定品です。

バーレー(大麦)のワインと喩えられるように高いアルコール(8%)とフルーティなアロマが特徴で

芳醇な甘味とホップの苦味を持った濃醇な味わいとパンチの効いたビールです。

あまり冷やさず広口グラスに注ぎ、香りを楽しみながらゆっくりと楽しんでください。

冷蔵庫で保管すれば、1年、2年と熟成を楽しめるのも特徴です。

オゼノユキドケ HeavryHeavry’09 300ml 525円

ビール | 17:06:54 | コメント(0)
おひなさん?
DSC02945.jpg

毎度の「カフェレスト無」の女性スタッフの作品です。

シャンパンコルクの人形です。毎回、楽しみにしてます(・∀・)イイ

店の前の通りがかりの人が立ち止まって見入るそうです。

料飲店 | 18:12:53 | コメント(0)
無垢の酒 予約受付します!
立春朝搾りは好評のうちに今年も完売しました。

ありがとうございました。

今度ご紹介するのは、「華鳩 無垢の酒(広島・呉)」です。

hanahato.jpg
720ml 1,575円 1.8L 3,150円

1443_e475e766be.jpg

蔵元から便りが来ました。

今年も『華鳩無垢之酒』は順調に発酵しています。
今年の造りは全体としては、落ち着いた香りの酒を造ろうと決めましたが、
毎年好評なので、この『華鳩無垢之酒』だけは特別に、香りの高い『広島吟醸酵母』を使っています。
初しぼりの『華鳩ムロカ生』(通称台力)とは違う華やかな美人の酒になる予定です。

現在、華鳩は藤田杜氏の他、3人の蔵人で酒造りをしています。
藤田杜氏は宮崎県の出身で、元々杜氏の家系でもありません。
蔵人をどうやって集めるか、問題でした。
最初は前の杜氏について来てくれた年配の蔵人にお願いしていました。
が、以外と早く問題は解決されました。
藤田の造るお酒に惚れて、一緒に酒造りをしたい人が自然に集まって来たのです。
例年『夏はバーテンダー、冬は蔵人』という人が一人います。
そのお話はまた後日。
今日は松本淳司をご紹介します。今や最古参になりました。
年齢は34歳、広島県呉市出身です。
2003年まで、広島市内の寿司店で働いていました。
深夜まで働き詰めで子供の顔もみられない日々。
そんな時、仕事の休みの月曜日に蔵体験に華鳩に来ました。
蔵体験をされる方は皆さんお帰りになる時に
『また来ます!』と言って帰られますが、なかなか実現できないようです。
しかし松本は、それ以来一冬、毎週月曜日に蔵体験に来たのです。
そして、その翌年華鳩に転職。
音戸の環境も気に入って家族と一緒に蔵の近くに引っ越してきました。
夏は瓶詰め、冬は蔵人として働いています。

本人の目標は『飲んでホッとやすらぐ酒を造る事。
蔵のある音戸町の暖かい気温の中で、発酵の温度保つ事。』
とまじめな事しか言いません。
同僚曰く『マッちゃんはムードメーカー』。

美しい奥さんとすくすくと育った3人の子供(背が高い)の5人家族です。
(児童数の少ない小学校の中では町としてもうれしい3人兄弟です。)

蔵人達は食事をともにしますが、食事の世話をする母によると
カレーの場合、ご飯は4人で7合。(情報によると松本が沢山食べるらしい。)
年配の蔵人達ばかりの昔と比べると、お魚より、お肉、
ご飯も多め、おかずのボリュームも増やしています。

今年は全員インフルエンザにもかからず、
声をかけながらみんながんばってます!

写真は蒸し米を掘っている蔵人の松本淳司(34歳)

1444_tn_08c82f32fd.jpg

『華鳩無垢之酒』の仕込タンクと杜氏 藤田忠(37歳)






日本酒 | 14:53:04 | コメント(0)
梅果紫蘇
当店取り扱いの「梅果紫蘇」が「釈ビューティ! (美人開花シリーズ) (単行本)」に掲載されました!

「通っている溶岩ヨガスタジオで見つけたドリンク。
クエン酸で疲労回復するだけでなく脂肪燃焼や美肌にも役立ちそう。
味も気に入ってます。」釈 由美子

umekasiso.jpg

DSC02919_20090219134856.jpg

昨日、発売の「女性自身」でも掲載されました。

セラピスト 元 エステシャンインストラクター 
品田真利さん実体験!

外側から肌のケアをしても、表皮のみで限界があり、食事の乱れや疲れは、すぐ肌に反映します。
美容法として、ビワ温熱療法と梅果紫蘇を飲み続けて肌診断をしてもらった所、表皮の奥のケア出来ない真皮まで、「とても細胞がきれい!何かしているの?」と、ビックリされました。やはり、内面からのケアが大切で、日頃のお手入れ効果もアップ!本当におすすめです。


伝統食研究会・専属医師 村井美香先生のコメント

梅果紫蘇に多く含まれるクエン酸は、様々な働きがみろめられており、わたくしも推奨しております。
私が専属医師を勤める「NPO法人伝統食研究会」では、体質を全て調べさせてもらい、指導の下に正しく使用してもらってます。
ただ飲むだけでは効果も半減しますので、ぜひ一度、体質を調べてもらう事をお勧めします。



健康 | 13:51:52 | コメント(0)
不思議な石
DSC02919_20090220134918.jpg

DSC02920.jpg

加藤吉平商店社長のお知り合いの方が、岐阜で見つけたそうです。

真ん中あたりに「」という字が・・・!

不思議ですね~


蔵訪問 | 10:37:01 | コメント(0)
伝統食研究会研修
先週11,12日と伝統食研究会の研修に行ってきました。
DSC02933.jpg

初めての訪問です。
DSC02926.jpg
DSC02929.jpg
DSC02930.jpg
すばらしいサロンです。

1泊2日のしんどい研修でしたが、地域の皆さんに健康になっていただける準備は、

すべて整いました。この健康法をお伝えしていきます。勉強会実施しますので、

ぜひ参加してください。




健康 | 18:11:39 | コメント(0)
かにみそ
DSC02848.jpg

東尋坊のおみやげやさんで、かに味噌をいただきました。

目玉焼きが入っていて、とても美味でした。こういう食べ方があるんですね(‐^▽^‐)

DSC02849.jpg

かに味噌と卵の融合、最高!


まいぷらいべーと | 13:05:17 | コメント(0)
東尋坊
DSC02835.jpg

福井でそばを食べたあと、向かったのは有名な「東尋坊」。

時は寿永、民に巨悪の限りをつくした東尋坊という名の怪力の悪僧。在所の美しい姫君に心を奪われた東尋坊は、恋敵である真柄覚念という僧と激しくいがみ合ったとされる。ある時、岩場の上で酒宴を催した真柄覚念は、すきを見て東尋坊を断崖絶壁から突き落とした。天候はにわかに崩れ、雷と暴風雨が四十九日続いたそうな。毎年命日にあたる四月五日は、東尋坊の怨霊が大波と化し、岩壁を激しく打ち殴り続けたとか。

この岩壁が「東尋坊」と呼ばれることになった由縁に、こんなにもはかなく切ない無骨な男の悲恋物語があったという逸話を、福井県民も意外と知らないはず。
(三国観光協会HPより抜粋)


DSC02841.jpgDSC02846.jpg
DSC02838.jpgDSC02844.jpg

今回で、「東尋坊」は2回目ですが、ここも不況のあおりかお土産屋が、3分の一くらい閉めていました(/_<)



まいぷらいべーと | 16:18:14 | コメント(0)
加藤吉平商店(梵)
DSC02923.jpg

2月9日(月)一昨年から、お取引させていただいている蔵元「加藤吉平商店」を訪問しました。

今までに訪問した蔵元の中でも、一番強烈に印象に残る蔵元でした。

まずは、社長のお酒に対する愛情が半端ではありません。われわれ7人の酒屋、

もう圧倒されっぱなしでした。さすが、国内外で公式行事晩餐酒として、日本を代表して

使用されている酒だけあります。10種類ほど試飲させていただきましたが、

みんな言葉が出ないくらい感動もんでした。これは、絶対に地元香川でお客様に

伝えなくてはと思いました。

DSC02912.jpg

応接間には、国内外でのコンクールの表彰状が・・・

DSC02904.jpg

海外に出荷するお酒が、シェリー樽に・・・


DSC02910.jpg

もうすぐ上槽のもろみです。きれいなもろみで、かぐわしい香りがしてます。

DSC02916.jpg

なんと、10%精米のお米です。まるで、真珠のようです。

DSC02917.jpg

社長!ありがとうございました。ご馳走様でした。至福の陶酔とはこのことでしょう(*^▽^*)





蔵訪問 | 18:32:02 | コメント(0)
茲道庵
DSC02789.jpg

2月8日(日)福井駅に着くと、社会人時代の先輩である園原さんが迎えにきてくれました。

そして、1時間ぐらい車を飛ばして、三国町までうまいそばを食べにきました。

信行寺の住職さんで、役所を定年して蕎麦屋をはじめたそうです。メニューはおろしそばのみです。

DSC02830.jpg

DSC02831.jpg

DSC02791.jpg

DSC02792.jpg
DSC02812.jpg

予約のみの営業です。

県の伝統的民家の認定を受けたくらいで、落ち着いたいい雰囲気のお店です。

1日中、そばを食べながらうまい酒をのんで、ゆっくりくつろぐには最適ですねヽ(・∀・)ノ

●福井県坂井市三国町山王4-4-36
 ギャラリー 茲道庵
  ℡0776-81-4095






まいぷらいべーと | 13:56:59 | コメント(0)
うんざり
20090212124040
今日で研修二日目です。弁当三食目となると、もううんざり(:_;)うどん食いたい(*_*)

日常の出来事 | 12:40:42 | コメント(0)
伝統食研究会
20090211155309
伝統食研究会の研修に来てます。しっかり勉強して来ます(^O^)睡魔と闘っています(*_*)

日常の出来事 | 15:53:11 | コメント(0)
寿喜娘酒造
DSC02870.jpg

2月9日、福井の寿喜娘酒造に行ってきました。7.8年前からのお付き合いですが、

初めての訪問でした。

DSC02875.jpg

社員5名の小さな蔵ですが、お酒に対する愛情は他蔵にも負けていません。

自然の恵み、人の恵みを生かした造りを心がけているそうです。

蔵主は、平成16年の前蔵主が他界した後娘さんが後を継いでいます。まだ若くこれからが楽しみな蔵です。

最盛期は1500石造ってましたが、現在は、900石だそうです。

昭和42年には福井県内55蔵あったそうですが、いまでは37蔵に減ったそうです。

日本の文化である酒蔵が減っていくのはさびしい思いです。

DSC02882.jpg

DSC02879.jpg


蔵訪問 | 11:00:50 | コメント(0)
おろしそば
20090209130232
武生の駅前のそば屋で、おろしそばをいただきました。昨日のそばとは違い、大根おろしの汁だけじゃなく大根おろしが入っていて大根の辛さが、きいていて美味しいかっった(^O^)

日常の出来事 | 13:02:34 | コメント(0)
武生へ
20090209090952
福井から武生へ向かっています。まずは、寿喜娘酒造訪問です。

日常の出来事 | 09:09:55 | コメント(0)
越前おろしそば
20090208133734
越前おろしそばをいただいています(^O^)
大根おろしのしぼり汁が入った旬のそばです。

日常の出来事 | 13:37:36 | コメント(0)
トンネルを抜けると・・・
20090208122132
トンネルを抜けると、そこは雪国ではなかった(:_;)福井に向かっています。今日は暖かく、雪がないのが、残念(:_;)

日常の出来事 | 12:21:35 | コメント(0)
かわいいでしょ
善通寺の「カフェレスト 無」で見つけました。

スタッフの女性が、シャンパンのコルクでつくった人形です。かわいいでしょ(*^ω^)

Image2551.jpg


料飲店 | 16:04:41 | コメント(0)
立春の日
DSC02743.jpg

立春当日、朝5時半の蔵の様子です。

DSC02744.jpg

製品化したお酒の瓶詰め風景です。

DSC02747.jpg

若い杜氏です。社長の弟さんで今年から杜氏になったそうで、緊張してました。

DSC02760.jpg

朝食は、金時豆の入ったバラすしとわかめの味噌汁。おいしかった~(*^▽^*)


DSC02764.jpg

鳴門金時の焼き芋も付いてました。

蔵のみなさんありがとうございました。

お酒の評判もよく、お客さんからも感謝のFAXをいただき酒屋冥利につきました(*^▽^*)


日本酒 | 18:16:16 | コメント(0)
今年の一番福
DSC02788.jpg

今年の一番福は、2年連続で山田さんに栄誉が輝きました。

昨日立春の日、蔵元から店に戻ったのが、10時30分頃でした。

山田さんがご来店いただいたのは、11時30分頃「山田さんいわく別に狙っていたわけじゃあなかった」と。

その無欲がよかったのでしょう。今年1年必ず、福が訪れることでしょう(*^ω^)ノ

日常の出来事 | 18:20:45 | コメント(0)
長い一日、立春
徳島県鳴門市の鳴門鯛の本家松浦酒造にいってきました。朝5時半集合ということで、朝4時に丸亀の自宅を出発。坂出ICから乗り、まだ暗い高松自動車道をひたすら走る。板野ICを降りて5分ほど走ると、何か右前方に人影が・・・
本家松浦酒造の社員の方がお迎えです。まだ暗いうちから、徳島のお酒屋さんが何人か集まり活気にあふれています。まずは、蔵元からのあいさつと本日のスケジュールの説明が終わり、夜を徹して搾られたお酒のラベル張りにかかります。ひと段落終わったあと、お待ちかねの蔵元の愛情こもった朝食をみんなでいただく。それがおわると、車にお酒を積み込み「阿波神社」へ向かう。阿波神社で、神主さんに、買っていただいたお客様を思いすべてのお酒からトラックまで今年一年のご多幸を祈願してお祓いを受ける。そして神社を出発して帰路に。。。無事帰ってきました。
それから、配達におおわらわ
配達が終わったのは、21時でした。
気がついたら、お昼抜きでした。
たくさんのご注文ありがとうございました。また来年もよろしくお願いします。

DSC02772.jpg


DSC02751.jpg



日常の出来事 | 21:08:18 | コメント(0)
明日は「立春」
DSC02741.jpg
DSC02742.jpg

いよいよ明日は立春です。そして「立春朝搾り」の発売日です。

明朝3時半に起きて鳴門まで行ってきます。

そして、みなさんのご多幸をお祈りしてまいります。

11時頃には帰ってきますので、お待ちください。

さあ今年の一番福は、どなたに・・・!

日本酒 | 18:49:56 | コメント(0)
おいりじゃあなかった!
DSC02736.jpg

昨日のお祝のおみやげにいただいたものです。

昔は、おいりを配っていたと思いますが、壽の袋の中はパットライスでした。

紅白のボールペンとノートもはいっていました(´∀`)

日常の出来事 | 17:28:10 | コメント(0)
結婚お祝い
大学時代の友人の息子さんの結婚お祝いに行ってきました。

ちょうど、近所にあいさつ回りと顔見世と言う三豊地区の風習があってそれも参加してきました。

DSC02712.jpg
DSC02713.jpg
DSC02714.jpg

たくさんのお祝いが・・・

DSC02719.jpg
約束の時間が来ると、どこから出てくるのか近所の方がたくさん集まってきました。
DSC02722.jpg
家の前で、ご家族が勢ぞろいしてのお披露めです。

みなさん、お祝いにかけつけて大喜びで、大きな拍手で包まれていました。

最近、世間は暗い話題ばかりでしたが、今日一日は幸せな気分に浸れました。

おめでとう~! 
DSC02727.jpg

せっかくなので、みんなで記念写真を・・・

DSC02723.jpg

幸せな二人を見ると、こちらまで幸せな気分になれました






日常の出来事 | 13:08:00 | コメント(2)
ウィジェット ブログパーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。