■プロフィール

こまさん

Author:こまさん
酒屋の3代目。3年間の問屋修行を経て家業を継ぐ。問屋修行時代、「梅錦酒一筋」を飲み吟醸酒に感動を覚え、日本酒復興に力を注いでいます。
利き酒師の松田が、こだわりのお酒・食品を紹介します。
店主 松田英幹
URL http://www.matsudasaketen.co.jp

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
秋のひやおろしを10倍おいしく堪能する裏ワザ
10月に入り、ひやおろしがだんだん美味しくなっていきます。
そこで、秋のひやおろしを10倍おいしく堪能する超ウラワザ!をお教えします。


毎年秋になると全国の酒蔵から、その年の年初に搾ったお酒をひと夏貯蔵熟成したお酒をいっせいに出荷する「ひやおろし」というお酒が発売されます。
初搾りのハツラツとした味わいが、ひと夏じっくり熟成をすることで、丸味を帯び、まろやかな、なんとも言えない味覚となって登場してきます。

この「ひやおろし」を普通のお酒だと勘違いしてはいけません。実はこの「ひやおろし」は、一度殺菌したものを、生のまま瓶詰めしているので、飲むほどに熟成が進んでいくのです。つまり、同じ「ひやおろし」でも、9月に飲む味と、10月に飲む味、11月に飲む味が「これが本当に同じ酒なのか!」というくらいに熟成が進んでいくのです。これほど短期間に熟成が進むお酒は、この「ひやおろし」をおいて他にはありません。

もし、お疑いなら、ためしにやってみて下さい。お買い上げいただいた「ひやおろし」を1回目、2回目、3回目と日数をかけて飲み続けていくうちに、味覚がどんどん丸味を帯びてきて、実にまろやかな味わいを堪能することができます。

そしてもっと不思議なのが、秋の味覚と相性がピッタシ!これほど秋の味覚を代表するお酒がこの「ひやおろし」なのです。辛口から甘口まで、濃醇から淡麗まで味わいは様々ですが、熟成度合いが早いために、じっくり時間をかけて味わうのもオツな飲み方だと思います。

ということで、おすすめのひやおろしを紹介します。

ginsui.jpg

梵 ひやおろし吟粋 1.8L 2,835円

JRが民営化されるなど世の中がまさに、官から民に以降される時など、全国各地で未来を切り開く創造と誕生の記念酒として使用されたり、海外での各国公式行事晩餐酒として数多く使用されている蔵です。










スポンサーサイト
お酒をおいしく飲む裏ワザ・隠しワザ | 11:45:44 | コメント(0)
ビールを10倍おいしく堪能する超ウラワザ!第3回目
ビールを10倍おいしく堪能する超ウラワザ!第3回目です。

●缶と瓶の泡の立て方の違い
缶ビールと瓶ビールでは泡の立ち方が違うのを、ご存知あるだろうか?缶ビールは、瓶に比べ、ガス圧が少し高くなっている。さらに、缶ビールには、プルトップがあり、口を開けるとプルトップが缶の内側に折り込まれるため、ビールを注ぐとき、攪拌されて、瓶よりも泡が立ちやすくなっているのだ。しかし、後半になると、ビールがプルトップに触れなくなるため、一転して泡立ちが悪くなる。だから、缶ビールを注ぐときは、最初は静かに注ぎ、後半はやや勢いよく注いだ方がうまく泡が立つというわけだ。

●完璧に正しい飲み方の極意とは?!
ビールは、泡の下から流し込むようにして飲むのが、鉄則だ。こうすると、最後まで泡が残り、飲み終わったときには、鼻の下に泡が口ヒゲのように付着する。これは、正しく注いだビールを、正しく飲んだ証拠でもある。飲み終わったら、鼻から「フーッ」と息を吐こう。こうすると、鼻孔を通じてビールの香ばしさが残り香となって味わえる。
   
また、ビールの本当の正しい飲み方というのは、飲んだ後のグラスやジョッキを見ればひと目で分かる。それは、ビールをひと口飲むごとに、いったんテーブルにグラスを置くので、そのたびに、グラスに泡の筋が残る。実は、ビールの正しい飲み方とは、同じ量づつ飲むのが鉄則。
したがって、正しい飲み方をしている人の、グラスに残った泡の縁は、ほとんど均等になっているはず。これがビールの正しい飲み方。
ドイツのビヤテイスターは、お客の呑み残しのジョッキを見て、「こいつは通だ!」と認識をしているらしい。


この夏おすすめビール

オゼノユキドケ(群馬)

お酒をおいしく飲む裏ワザ・隠しワザ | 11:04:48 | コメント(0)
ビールを10倍おいしく堪能する超ウラワザ②
ビールを10倍おいしく堪能する超ウラワザ!第2回目です。


●ビヤホールの味を家庭で体験できる超ウラワザ!!
みなさん、ビヤーホールなどで飲むビールの味と、家庭で飲むビールの味の違いに気付かれた方はいないだろうか? 中身はほぼ同じなのに、どうしてこうも味が違うの?という質問をよく受ける。それは、注ぎ方、つまりは、泡の立て方にあるのだ。どうしても喉が渇いてたまらない時などは、冷蔵庫から缶ビールを出して、そのままグイッとやるのが、普通だろうが、しっかり味覚を味わいたい場合は、きちんとグラスに注いで、きれいな泡を立たせ、泡と一緒にビールを飲むことで、家庭で飲むビールが、ビヤホールの味に変身するのだ。その注ぎ方の秘訣とは?・・・・・

①まず、グラスは手に持たず、テーブルの上に置く。グラスを斜めにする人がいるが、あれはビールをまずくするだけ。グラスの底をめがけて勢いよく、注ぐぎ、十分泡を立てる。あっという間にビールはグラスの8割くらいになるが、この時点では、ビールと泡は4:1という具合。
これが1番理想。そのままひと息置いておく。

②待つことしばし。やがて泡が落ち着き、ビールの水面がグラスの半分くらいまで上がってきたら、泡を持ち上げるような気持ちで、今度は静かにビールを注ぐ。注ぎ口をグラスの縁に当て、グラスの内側からすべらせるように注ぐのがコツだ。こうすることによって、最初にできた泡の下側に新たな泡が加わって、次第に泡は、きめ細かく、しかも濃厚になっていくのだ。

③泡がグラスの縁まできたら、いったん注ぐのをやめ、様子を見る。そして、盛り上がった泡が崩れそうになる瞬間までビールを少しづつ注げば完成である。







お酒をおいしく飲む裏ワザ・隠しワザ | 20:12:19 | コメント(2)
ビールを10倍おいしく堪能する超ウラワザ!①
ビールがおいしい季節になりました。というわけで、これから少しづつお酒をおいしく飲むための裏ワザを書いていこうかと思います。

まずはビールを10倍おいしく堪能する超ウラワザ!

●冷蔵庫での冷やし方のポイント
ビールを冷蔵庫で冷やす時は、ドア側には入れてはダメ!なぜならば、
ドアを開け閉めするたびに振動を与えてしまうのだ。また、ビールは縦にして保存すること。スペースの関係で、どうしても横にして保存しなければならない時も、飲む30分前には縦にして、炭酸ガスを安定させておくことが大切なのだ。ガス圧が、ビールを注ぐ時の泡の出来方に大きく影響するのだ。

●てっとり早く冷やす超ウラワザ!
仕事が終わって、やっと帰宅。「さあ、飲むぞ!」と冷蔵庫を開けたら、なんと、ビールが入っていない! こんな時、本当のビール党なら、酒屋まで行って冷えたビールを買ってくるべきだが、そうもいかない時は、これが最適な方法!氷水に入れて冷やす方法。次ぎのお勧めは、ビールを濡らして冷凍庫で急冷する方法もある。

●味を落とさないビールの保管のコツとは?
ビール瓶が茶色なのは、ビールを紫外線から守るため。ビールに紫外線が当たると、ホップの成分などが変化して、味も香りも確実に悪くなる。室内でも蛍光灯などにあてておくと、同じように劣化する。その点缶ビールなら光を遮断するから安全だが、光を当てると急に缶の温度が高くなる。やはり暗いところで保管するのがビールの旨さを保つコツなのだ!




お酒をおいしく飲む裏ワザ・隠しワザ | 20:43:08 | コメント(2)
ウィジェット ブログパーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。