■プロフィール

こまさん

Author:こまさん
酒屋の3代目。3年間の問屋修行を経て家業を継ぐ。問屋修行時代、「梅錦酒一筋」を飲み吟醸酒に感動を覚え、日本酒復興に力を注いでいます。
利き酒師の松田が、こだわりのお酒・食品を紹介します。
店主 松田英幹
URL http://www.matsudasaketen.co.jp

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--


スポンサーサイト
日常の出来事 | 17:45:58 | コメント(9)
立春を祝う会in海星
IMG_2292_20140210190658f42.jpg
DSC03768.jpg
DSC03759_20140210191151c51.jpg




2月4日立春の朝搾ったばかりの「立春朝搾り」を楽しむ会が多度津の海星で開催されました。
トッシー&ジョニーの懐かしのフォークを聞きながらの楽しい会でした。


イベント | 19:03:29 | コメント(561)
父の日チラシ
MX-3640FN_20130606_103734_001.jpg
MX-3640FN_20130606_103752_001.jpg

今年の父の日チラシ完成しました。いろんな人との出会い・絆で完成したチラシです。


日常の出来事 | 11:01:11 | コメント(157)
銘酒3蔵~春の饗宴
昨日は蔵元3蔵(大七ハクレイ司牡丹)のお酒と新世の旬のお料理を堪能する会を実施しました。
今回は会費1万円の会費という高額な会でしたので、新世さんには1万円以上のお料理をお願いしたところ
すごいメニューのお料理でした。お料理の写真を取り忘れてしまいました。
新世2013.4.11お品書き
皆さん絶賛でした。
当日の出品酒です。
4.11新世新世4.11 033
お酒も蔵元と何度も打ち合わせをしたおかげで、すばらしい内容になりました。
みなさん、すばらしい笑顔です。
新世4.11 012新世4.11 016
今日一番目玉「司牡丹 袋搾り」です。
新世4.11 001
フルーティな香りとぴちぴちフレッシュな味わいに、あちこちで「美味しいっ!」と絶賛の声があがりました!

お客様の喜びの声
 ・お酒も料理もおいしかった。楽しく過ごせました。
 ・お酒本当においしい!これからもいろんなイベントに参加します。司牡丹が大好きです。ハクレイ、大七も好きになりました。
 ・おいしかった。楽しかった。蔵元の方々、楽しいお話ありがとうございました。
 ・よい出会いがたくさんあります。
 ・年2回くらい開催してください。
 ・できれば毎月お願いします。
 ・いろいろなおいしいお酒ありがとうございました。司牡丹さんの袋搾り大変おいしくいただきました。
 ・みんな笑顔で和やかな雰囲気でとてもよかったです。
 ・友人も出来てよかった。もう少し時間が長かったらよかった。
 ・とてもよかった。お値段は高いけどよかった。

市長選、市議選の真っ最中にもかかわりませず、多数ご参加いただきましてありがとうございました。
今回も皆さんの最高の笑顔というプレゼントをいただきまして、満足いただける会にできました。
ありがとうございました。



イベント | 15:58:26 | コメント(116)
サントリー山崎蒸留所
4月2日お得意先とサントリー山崎蒸留所に行ってきました。1923年に創設された日本最古の蒸留所です。
2013京都 001
2013京都 002
受付をして通された部屋は昔のレトロなウイスキーやポスターが展示された部屋でした。
古くて懐かしいものはわくわくします。
2011.0309京都ビール工場 0662011.0309京都ビール工場 065
2013京都 0052013京都 006
さあいよいよ蒸留所ツアー開始です。
まずは仕込槽です。独特なウィスキーの臭いが充満しています。
2013京都 014
原料の大麦麦芽をピートでいぶして乾燥させ、細かく砕き、温水と共にこの仕込槽に入れておくと、麦芽に含まれる酵素によってデンプンが糖に変化して甘い麦汁ができます。
その麦汁を次の発酵槽に移し、酵母を加えて発酵させると、糖がアルコールに変わってウイスキーの元となるもろみができます。
次は発酵槽
2013京都 018
仕込槽がステンレスで、発酵槽は木桶でした。木は保温性が高く、発酵に都合が良いらしいです。
続いて案内されたのが蒸留。
発酵の終わったもろみを銅製のポットスチルと呼ばれる単式蒸溜器にいれて二度蒸溜し(一回目を初溜、二回目を再溜と呼ぶ)アルコール濃度を65~70%に高めます。この生まれたばかりのウイスキーをニューポットと呼びます。アルコールが約80度で沸騰する性質を生かし、蒸気を発生させこれを冷却、液体化させ、アルコールや香気成分などの揮発成分だけをとり出します。
2013京都 021
2013京都 022
最後は貯蔵庫。蒸留されたウイスキーが貯蔵熟成されています。圧巻です。
2013京都 026
ウイスキー原酒は長い眠りにつき、貯蔵環境(気温、湿度)によっても熟成の度合いが微妙に変化し、複雑な反応を見せ、多彩なウイスキー原酒が生まれます。

そして最後にお楽しみの試飲です。
山崎蒸留所、白州蒸留所のそれぞれのウイスキーの違いを確かめました。
2013京都 036
山崎はどちらかというと男性的なしっかり濃くのあるタイプ、白州は女性的なやわらかくなめらかな味でした。こまさんはどちらかというと山崎かな?



日常の出来事 | 21:36:18 | コメント(84)
次のページ
ウィジェット ブログパーツ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。